病院発の健康ウェブマガジン「すずログ」。
健康、病気の予防、など様々な情報を更新中です!
http://suzulog.wakoukai.or.jp

食中毒シーズン到来!正しい予防と対策を。

皆様は、食中毒についてどの程度ご存知でしょうか? 予防や対策を行っていますか?
私達の身の回りに潜んでいる食中毒菌。細菌が原因となる食中毒は夏場(6~8月)に多く発生しています。これから夏に向けて、食べ物の傷みやすい季節になりますので、食中毒を起こさないようしっかりと予防しましょう。

主な食中毒菌とその症状&対策

腸炎ビブリオ
特徴・感染経路 海水中に生息。塩分を好む。
主な原因食品 魚介類、さしみ等。
主な症状 激しい下痢、腹痛、発熱、嘔吐
予防のポイント 魚介類は、真水で洗浄する。
魚介類を取り扱った器具はその都度洗浄消毒し、二次汚染を防止する。
魚介類の保存は、5℃以下に低温管理する。
加熱は、75℃1分以上行う。
黄色ブドウ球菌
特徴・感染経路 人や動物の粘膜・傷口に存在。手指などに分布。殖時加熱してもこわれない毒素を作る。(毒素は、100℃でも壊れない)
主な原因食品 おにぎり、サンドイッチ、弁当など
主な症状 激しい下痢、腹痛、発熱、嘔吐
予防のポイント 入念な手洗い。
手指に傷がある場合、調理に従事しない。
作った料理は早く食べる。
サルモネラ
特徴・感染経路 家畜・ペットや人、河川水などに広く分布。
主な原因食品 鶏卵、鶏、牛、豚の肉やその加工品
主な症状 腹痛、下痢、発熱
予防のポイント 食肉類の生食は避ける。
食肉などは、75℃1分以上でしっかり加熱する。(熱に弱い)
鶏卵は冷蔵庫で保存する。

危険は身近なところに!台所に潜む食中毒の危険性
家庭でできる食中毒予防の6つのポイント

食中毒はニュースに取り上げられるような飲食店だけでなく、家庭でも発生しています。
細菌やウィルスは主に食材やキッチンに潜んでいます。
食器用スポンジやふきん、シンク、まな板、冷蔵庫の野菜室などは、
細菌やウィルスが付着したりしやすい場所と言われていますので、特に注意が必要です。
お店で買ってきた食材にも食中毒菌が潜んでいる可能性は十分あります。
また、いろいろな物に触れる自分の手にも、細菌やウィルスが付着している事が
ありますので注意しましょう。

食中毒予防の3原則「菌をつけない」「菌をふやさない」「菌をやっつける(殺菌する)」
を基本に、日常生活でできる食中毒予防の6つのチェックポイントを徹底して食中毒を未然に防ぎましょう!

食中毒予防の3原則

  • 原則1:「菌を付けない」  = 洗う
  • 原則2:「菌を増やさない」 = 低温保存
  • 原則3:「食物中の菌を殺す」= 加熱処理

チェックポイント1 – 買い物

  • ・肉・魚・野菜などの生鮮食品は、新鮮な物の購入を心がけましょう。
  • ・期限表示などを確認しましょう。
  • ・購入した食品は、汁などの水分が漏れないようビニール袋などに
     分けて持ち帰りましょう。
  • ・冷蔵や冷凍が必要な食品の購入は、買い物の最後にして、
     購入したら早めに帰りましょう。

チェックポイント2 – 食材の保管

  • ・冷蔵や冷凍が必要な食品は、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に保存しましょう。
  • ・冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下が目安。
     多くの細菌の増殖は10℃以下でゆっくりとなり、-15℃で停止。
     しかし、過信は禁物です。
  • ・肉汁や魚汁・水分が他の食品に付かないように、食品ごとに
     ビニール袋や容器に入れて保管しましょう。
  • ・冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎには要注意、7割程度が目安です。

生の魚(切り身等も)や肉等には腸炎ビブリオ菌が付着していることもあるので、冷蔵庫で保存する場合は、ラップをかけるか、密封性のある容器を活用しましょう。他の食品に触れると汚染する危険性があります!

チェックポイント3 – 調理前

  • ・下準備でシンクや調理台が汚れていないか確認しましょう。
  • ・タオルやふきんは、乾いて清潔なものを使用しましょう。
  • ・肉、魚、卵などを取り扱った後は、必ず石鹸で手をきれいに洗いましょう。
  • ・冷凍した食品を調理台に放置したまま解凍するのはやめましょう。

チェックポイント4 – 調理時

  • ・加熱して調理する食品は中心部まで火が通るよう十分に加熱しましょう。
  • ・料理を途中でやめてそのまま室温で放置しないようにしましょう。
     細菌が食品に付いたり、増えたりします。
  • ・調理を途中でやめる場合は、冷蔵庫に入れ、再び調理をする時は
     十分に加熱しましょう。
  • ・電子レンジを使用する場合、調理時間に気を付け、熱の伝わりにくい物は、
     時々かき混ぜましょう。
  • ・盛り付けは、清潔な手で、清潔な器具を使い、清潔な食器にしましょう。

チェックポイント5 – 食事

  • ・食事の前に石鹸で手を洗いましょう。
  • ・食卓に料理を長い時間放置しない。温かい料理は温かく、
     冷たい料理は良く冷やして、食べる直前に食卓にならべましょう。

チェックポイント6 – 残った料理と後片付け

  • ・残った料理は、早く冷えるよう清潔な浅めの容器に移し、
     冷蔵庫に保存しましょう。
     
    0‐157は、室温でも15~20分で2倍に増えます。
    室温に長く置いて残った料理は勇気を持って捨てましょう!
  • ・食器類はよく洗い、熱湯をかけて殺菌し、よく乾かしてから収納しましょう。
  • ・包丁、まな板などは、洗剤と流水でよく洗い、熱湯をかけましょう。
  • ・たわしやスポンジ、ふきんは定期的に漂白剤に浸けて殺菌しましょう。

コラム – いたみやすい夏のお弁当対策

  • ・弁当箱はきれいに洗ってペーパータオルか
     清潔なふきんできれいに拭きましょう。
  • ・ 彩りはきれいだけど、レタスやサラダ菜は、生では使わないようにしましょう。
     しかも水滴をつけたまま詰めるのは最悪です。
  • ・ 胡瓜は、菌糸食品といって食中毒の原因になりやすい。
     板ずりして熱湯でゆでて使いましょう。
  • ・ 冷たいおかずと熱いおかずを同居させないようにしましょう。
  • ・弁当箱に詰める際には、ごはんもおかずもできるだけ
     急速に冷ましてから詰めましょう。
  • ・ 前日のおかずを詰める時は電子レンジで再加熱しましょう。
  • ・ 料理には梅干、しょうが、わさび、からしなどの毒消し効果のある、
     香草、スパイスなどを上手に利用しましょう。

食品の衛生は、手洗いに始まり手洗いに終わる。

食中毒を防ぐためにできること6つのポイントはいかがだったでしょうか?
とはいえ、やはり衛生の基本は手洗いです。
まずは正しい手洗いを徹底して食中毒の季節を乗り切りましょう。

  • 1.時計や指輪をはずして水で濡らして、手洗い石鹸をつけて泡立てる。
  • 2.手のひらと甲、指の間、親指、指先、爪、手首を入念に洗う。
  • 3.ペーパータオルで拭き、アルコールを噴霧して手にすり込む。

食品の取り扱い中に鼻をかんだりおむつ交換をしたりなど、他のことをした後も必ず手洗いをしましょう。
面倒だから…とエプロンで手を拭いたり、共用のタオルで拭いたりするのも危険です。

予防のポイントを守って、食中毒を防ぎましょう!!

Copyright © 2012 Wakoukai Inc. All rights reserved