病院発の健康ウェブマガジン「すずログ」。
健康、病気の予防、など様々な情報を更新中です!
http://suzulog.wakoukai.or.jp

もしかして・・・これって『うつ病』?

 
 

気分が落ち込んだり、やる気が出ない、眠れないといった状態を
ストレスの一言で片付けていませんか?
それは、もしかしたら『うつ病』かもしれません。
今回は、うつ病について学びましょう!

うつ病は特別な病気ではありません

うつ病とは?

うつ病は、子供から大人、高齢の方まで誰でもかかりうる可能性があります。
引越し、結婚、昇進、近親者の死などの環境の変化や、過労、家庭内の不和
といったストレスなど、さまざまな要因が重なり合って引き起こされます。
気分の落ち込みや心身のエネルギー低下がみられ、この状態が長く続き、
日常生活に支障をきたしてくる場合、うつ病が考えられます。
うつ病になりやすい人の性格として、環境や周囲に無理になじもうとする、
生真面目、几帳面、強い責任感、完全主義等が挙げられますが、性格が原因で
うつ病になるわけではありません。

うつ病患者の変化

厚生労働省が3年ごとに全国の医療施設に対して行っている「患者調査」によると、
平成8年には43.3万人だったうつ病等の気分障害の総患者数は、平成20年には
104.1万人と12年間で2.4倍に増加しました。
「患者調査」は、医療機関に受診している患者数の統計データですが、うつ病患者の
医療機関への受診率は低いことがわかっており、実際にはこれより多くの患者が
いることが推測されます。

うつ病のサインを見逃すな!

うつ病の兆候をチェックしよう

◆うつ病チェックの5ヵ条

その1.欠勤・遅刻・早退が増えた
      特に月曜日や連休明けに遅刻・欠勤が増加する

その2.感情が不安定になり愚痴をこぼし出す
      “頑張っても評価されない”など愚痴をこぼし、気分のむらが
      激しくなり、人間関係でトラブルを起こす

その3.行動が緩慢で仕事の能率が下がる
      集中力低下や判断力の低下により仕事の能率が下がり一見
      サボっているようにみえる

その4.仕事上でミスが増えた
      注意力や判断力がうつにより低下する為、ミスや事故が増える

その5.外見を気にしなくなった
      男性に多く見られ、外見への気配りが低下している人は要注意

●では、どんな症状があるのでしょうか?

うつ病の症状

うつ病には、気分の落ち込み等の精神的な症状のほか、不眠や疲れやすさ等の
身体的な症状もみられます。身体的症状が主でうつ病とわかりにくいことも
あります。
からだの症状が前面に出ている仮面うつ病と呼ばれるものもあります。

うつ病のサインへの対処法

心の診断

◆対処法5ヵ条

その1.感情的にならず、まずは冷静に観察
     叱咤激励は禁物 本人は限界以上に頑張っている
     過去の頑張りをほめる

その2.仕事量を減らす
      限界ギリギリで頑張っている状態を解消し、心身ともに余裕をもたせる

その3.身体の症状を聞いてみる
     “憂うつな気分”や“不安”といった心の変化は本人も自覚しにくいので、
             “不眠”や“食欲不振”などの身体症状がないか確認する

その4.受診をすすめる
           まずは専門医への面談か、近所の内科への受診をすすめてみる

その5.自身の心を健康に保つ
            うつの部下をもつ上司が対応に頑張りすぎ、自らも病を生じるケースは
            少なくありません
            心に余裕をもち社員と向き合うことが大切です

うつ病に対するアドバイス

ゆっくりした睡眠をとる

全部あたりまえに思えるかもしれませんが、大事です。
どんな薬物も、心理療法もきちんと寝ていないと効果がありません。
抗うつ薬は疲れを取り去る薬ではありません。
また、心理療法も疲れに対しては“休んでください”というアドバイスを送っています。
朝起きたら、カーテンを開けて光を浴びましょう。うつ病であれば、お酒に関しては
飲酒は控えましょう。規則的な食事、適度な運動も質のよい睡眠(熟睡)を生みます。
質のよい睡眠は疲労を回復させ、抑うつ気分の減少をもたらします。
まず質のよい、ゆっくりとした睡眠をとりましょう!

自分のために時間を使う

一日のうちで自分のためだけに使う時間をつくる
そこでするのはすることは好きなこと(なにもしないことも含む)

人から勧められてなにかをすることではありません。“ぼーっとすること”も大事です。
その時間は、まぎれもなく自分のためだけに使っている時間になります。
できれば一日のうち、少しでもいいので、自分のためだけに使う時間を作ってください。
最初のうちは何をしていいかわからず、“ぼーっとすること”が多いかもしれませんが、
心身のエネルギーが回復し、抑うつ気分が減少するにつれ、何かしたいことが
見つかってくるかもしれません。
あせらずに自分の時間をゆっくりすごしてみましょう。

Copyright © 2012 Wakoukai Inc. All rights reserved